ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[食品] 記事数:30

< 次の記事 | 前の記事 >


image

◎食品

ばんどう紅茶園
[茨城県坂東市]

このエントリーをはてなブックマークに追加

北関東随一の銘茶の産地から誕生した「国産紅茶」。
人気の「生姜紅茶」は冷え症解消にもお勧めです。

 関東平野のほぼ中心に位置する旧・猿島町(現在の坂東市生子)では、古くから「やぶきた茶」を使った緑茶の生産が盛んに行われてきました。利根川の育む肥沃な大地で栽培された濃厚で風味豊かな高級緑茶は、明治時代には海外にも輸出されていたとか。そんな銘茶の産地で唯一、紅茶を製造・販売しているのが「ばんどう紅茶園」。店主の根本さんにお話をうかがいました。



 「2代目として茶園を引き継ぎ、8年前から弟と紅茶作りを始めました。栃木の紅茶工場で2年勉強をして、その後も試行錯誤を繰り返し、ようやく軌道に乗り始めたのが2年前です。紅茶の産地であるインドやスリランカで使われている茶葉と違って、この地域で栽培しているのは緑茶として親しまれてきた『やぶきた茶』。紅茶は茶の葉を発酵させて作りますが、やぶきた茶ならではの発酵のさじ加減が難しさであり面白さですね。緑茶由来の紅茶なので風味は軽めですが、その分、フレーバーティとしてバリエーションが楽しめるのも魅力です」。


  そんなばんどう紅茶園で定番人気なのが「生姜紅茶」。地元の契約農家から仕入れた生姜のチップが力強く香り、体の芯からポカポカ温まると評判です。
「生姜紅茶の生姜は地元の契約農家から仕入れたものを低温乾燥させて風味を残しました。他のフレーバーティも、柚子は自宅で育てた柚子の表皮を薄くむいて乾燥させるなど、天然&国産にはこだわっています。日本茶と同じ感覚で誰でも気軽に飲める健康茶として、多くの人の生活に溶け込んでほしいですからね」と根本さん。「いつの日か茨城の名産として認められるよう頑張りたい」と語る笑顔には、紅茶への熱い想いと日々の充実感が満ち溢れていました。(M.M)

茨城県坂東市生子3235-1 (事務所)
茨城県坂東市沓掛4129 (直売所)
TEL/0280-88-0340 (事務所) 0297-44-0530 (直売所)
営業時間/9:00〜18:00(事務所) 9:30-18:30(直売所)
(販売は直売所、TEL、ファックス、HPによる通販のみ)
定休日/無休

ページの先頭に戻る▲

>Tags:茨城県,

[食品] 記事数:30

< 次の記事 | 前の記事 >

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 3月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)