ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[伝統工芸] 記事数:2


» 伝統工芸
黒羽藍染紺屋
[栃木県大田原市]

 かの有名な俳諧師・松尾芭蕉が「奥の細道」の旅で14日間も滞在した、大田原市黒羽。歴史とロマンに溢れたこの街に、200年以上「藍」を建て続ける染元があります。それが1804年創業の「黒羽藍染紺屋」。初代・紺屋新兵衛が残した藍甕(あいがめ)を守り、その伝統的手法を現代に受け継いでいるのが8代目・小沼雄大さんです。小沼さんは、県指定伝統的工芸品である「黒羽藍染」が、日常という暮らしのなかでゆとりと寛ぎを与える「本物」として今に伝えられるよう、若き店主ならではの新たな視点から、歴史と伝統に向かい合う日々を過ごしています。

» 続きを読む

» 伝統工芸
株式会社鈴木茂兵衛商店
[茨城県水戸市]

水戸でつくられた提灯を「水府提灯」と呼びます。「水府」とは水戸地域の称ですが、「岐阜提灯」「八女提灯」に並ぶ提灯の産地であることは、あまり知られていません。

» 続きを読む

[伝統工芸] 記事数:2

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 11月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)