ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[スイーツ] 記事数:30

< 次の記事 | 前の記事 >


image

◎スイーツ

itoヲカシ FUKAMI
[茨城県那珂郡東海村]

このエントリーをはてなブックマークに追加

“気軽に食べられるお菓子”がテーマ。
出来たてを提供したいから、営業は週末のみ

この記事は、20015年7月に作成したものです。現在は休業中です。2019年7月28日から再開予定(日曜のみ営業)。
 閑静な住宅街にある「itoヲカシ FUKAMI(フカミ)」。美しい植栽に彩られた庭に、深緑の引き戸がアクセントになったモダンな建物が映える店構え。「目指しているのは街のおやつ屋さん」と、自店を称するオーナーシェフの舛井整志さん。安心して食べられるお菓子を作りたいとの思いから、吟味した材料を使い、誰もが食べやすいシンプルなお菓子作りに努めています。

 出来たてを提供することも大切にしている舛井さん。仕込みに時間がかかるため、営業は週末のみ。ショーケースに並ぶのは、ロールケーキ、シフォンケーキ、フィナンシェ、マドレーヌなど、10種類に満たない派手さのないものばかり。彩り豊かなケーキが並ぶケーキ店ではなく、おやつ屋さんというわけです。しかし、一度食べたら忘れられない優しい口当たりにリピーターが増え、口コミで評判が広がっています。

 舛井さんの前職は、競技用自転車のフレームビルダー。自ら自転車を設計、製作、選手としても活躍していましたが、ケガが重なり、断念。「転職するにも何かモノを作る仕事に就きたいと考えていた時、自転車レースの本場ヨーロッパを旅する中で、各地で食べたお菓子たちの感動を思い出しました。甘いものを食べている時、自分もそうだったように人は自然と笑顔になる」と。幸せな気持ちにさせてくれるケーキを作る仕事への思いが強まり、23歳で菓子の専門学校に入学。卒業後は東京の銀座や赤坂などのケーキ店やホテルで修業。出身地に戻り、自宅を建てることを機に2014年10月、念願の店をオープンしました。

 体に優しいお菓子を提供する店にふさわしく、店内の壁に浄化作用に優れた竹炭を使用するなど、店舗の設計、デザインも自ら手掛けました。ユニークな店名は、舛井さんの好きな深緑色から。「子どもたちが100円玉を握り、マドレーヌ1個を買いに来てくれると嬉しくなります。気軽に利用してもらえるお菓子屋さんを目指します」と。(K.K)

住所/茨城県那珂郡東海村舟石川駅西4-5-2
営業時間/12:00〜18:00無くなり次第終了
定休日/月曜~木曜(金土日のみ営業)

ページの先頭に戻る▲

>Tags:茨城県,

[スイーツ] 記事数:30

< 次の記事 | 前の記事 >

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 7月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)