ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[自然派レストラン] 記事数:48

< 次の記事 | 前の記事 >


image

◎自然派レストラン

Raw food café famIsland(ファミスランド)
[茨城県那珂市]

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックの野菜や果物など
“生”の美味しさを提供するローフードカフェ

※この記事は2010年12月に作成したものです。『Raw food café famIsland(ファミスランド)』は休業しています。

 市街地中心から離れ、のんびりとした田舎の空気に包まれているローフードカフェ。土曜日限定で営業しています。グリーンとローズの明るい色の壁が印象的な店内は、彩りが美しいローフード料理が映える空間。木の温もりと手作り感に満ち、つい長居したくなってしまう居心地のいいカフェです。15席ほどのこぢんまりとしたスペース。予約が確実かもしれません。

 シェフの島萌子さんは、第一回ロースイーツコンテストでグランプリを受賞後、カナダでローフードの勉強を重ねました。「私が留学したソルトスプリング島は、島の多くの人が生活全般にオーガニックを取り入れているという、カナダの中でもオーガニックへの関心が高い場所です。見たことのない食材が豊富で、料理やスイーツのレパートリーの幅が広がりました」と萌子さん。
 ローフードの「ロー(raw)」とは「生」の意味。高温で加熱せずに仕上げることで、食物の酵素を壊さず、栄養豊かな“食”を取り入れることができます。食材は、田舎という土地柄、信頼のおける生産者から採れたての良質な野菜や果物が容易に入ります。ナッツ類や調味料など使用する素材は、すべてオーガニックにこだわっています。食材を刻んだり乾燥させたりといった巧みな調理法と豊かなアイディアで生まれる料理は、今までに味わったことのないおいしさと評判を集めています。料理のほかに、砂糖や乳製品、卵を一切使わないスイーツも大人気。見た目も美しく、物足りなさを全く感じさせない深みのある味わいです。「RAWプレートランチ」(900円)、「ローデザートセット」(ハーブティとスイーツ700円)など。ローフードのコース料理なども予約で受け、内容や予算に応じています。

 「ローフードに出会ってから身も心もますます元気になりました。人にも自然にも優しく、幸せになれる不思議な食べものだと思います。気軽にどうぞご来店を」と萌子さん。カフェ営業のほか、ローフード教室、イベントなどを開いています。詳細はホームページのブログで案内しています。(K.K)

住所/茨城県那珂市飯田3633-2(パン工房「イーツアーツ」隣)
TEL/029-353-2523
営業時間/11:00〜14:00
定休日/日曜~金曜(土曜日のみ営業)

ページの先頭に戻る▲

>Tags:茨城県,

[自然派レストラン] 記事数:48

< 次の記事 | 前の記事 >

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 1月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)