ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[カフェ・レストラン] 記事数:210

< 次の記事 | 前の記事 >


image

◎カフェ・レストラン

daigo café
[茨城県久慈郡大子町]

このエントリーをはてなブックマークに追加

町の再生に思いをはせる
古民家カフェ

 常陸大子駅の近く、昔ながらの商店が軒を連ねる一角にある「daigo café(ダイゴカフェ)」。30年ぐらい空き家になっていた築100年の呉服店を改装。そこにあった古い家具や柱時計なども利用して空間を演出。25坪ほどの建物は、モダンさを兼ね備えた、どこか懐かしい大正ロマンのたたずまいです。

 オーナーの笠井英雄さんは、大子町で生まれ、育ちました。高校から外に出て、大学を卒業。北海道での暮らしを経て、故郷に戻りました。「自然豊かで、食べ物がおいしく、いいところがたくさんあるのに、人口も観光客も減少傾向。何か出来ることはないか」。札幌のようなYOSAKOIソーラン祭りを大子町でやりたくて、2004年に常陸国YOSAKOI祭りを立ち上げました。仕事も地域の活動も順調に思えた矢先に震災。いろいろ考えた末、前から温めていたカフェを思い立ちました。
 カフェでは、地元で頑張っている人が作ったものを提供したいと笠井さん。用意する料理やスイーツには、大子名産のリンゴ、奥久慈紅茶、地元農園の玄米や野菜など、地場産の食材が積極的に取り入れられています。中でも、リンゴを使った焼き菓子「夢見るりんご」は、夢をデザートに託したという熱い思いが込められた人気の一品。ランチセットや軽食もそろえています。居心地のいい空間に、本や雑誌が置かれ、自由に手にとって読むことが出来ます。笠井さんの目で選んだ作家ものの器や雑貨も並び、買うことが出来ます。その時々の気分で、好きなテーブルを選び、ランチをしたり、お茶を飲んだり、スイーツを味わったり。ほっとくつろげるお気に入りのカフェのひとつになりそうです。

 「大子町のものを提供しつつ、大子にないものも提案し、いろいろな意味で刺激がある場にもなれば。数年後、この店の通りは変わっているに違いない」。地元の再生への挑戦は続いています。(K.K)

茨城県久慈郡大子町大子688
TEL/0295-76-8755
営業時間/11:00〜18:00
定休日/水曜

ページの先頭に戻る▲

>Tags:茨城県,

[カフェ・レストラン] 記事数:210

< 次の記事 | 前の記事 >

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 8月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)