ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[自然派レストラン] 記事数:47

< 次の記事 | 前の記事 >


image

◎自然派レストラン

オリザ舎(オリザヤ)
[茨城県つくば市]

このエントリーをはてなブックマークに追加

体に入れるものの大切さが伝わる
滋養に満ちた自然食ランチ

この記事は、2010年2月に作成したものです。現在は、閉店されています。

 つくば中心地に程近い閑静な住宅街の一角で自然食のランチを提供している「オリザ舎」。店を始めたのは店主・加藤さんご自身の体験がきっかけでした。


 「お肉料理大好きだった30代の頃、健康診断でコレステロール値が高いと診断されたのを機に食生活を見つめ直しました。当時から健康に良いと言われる食材はいろいろあったけど、実際にはどれもなかなか続けられなくて。でも玄米食なら、主食を白米から玄米に変えるだけで続けやすいでしょ。玄米食を続けるうちにアレルギー性鼻炎や肌の悩みが改善するなど少しずつ体質が変わっていきました。それに玄米は完全な栄養食だから体が肉類を欲しなくなって、自然に玄米と野菜中心の食生活に。そんな時、乳癌の再発後に食生活を改善して元気に暮らしている知人に、安心して外食できるレストランが欲しい、と言われ、いろんな研究を重ねた上でこの店をスタートさせました」と、加藤さんはオープンのいきさつを話してくれました。



 オリザ舎のランチは完全予約制(1,500円~)。茶懐石をベースとした普通食の自然食ランチの他、ガンや生活習慣病を改善すると言われている「ゲルソン療法」の料理や精進料理もいただくことができます。普通食といっても有機野菜をメインに、化学調味料を使わずに作られた滋味深い料理は、手間ひまかけて調理してくれた加藤さんはもちろん、野菜の生産者にも感謝したくなる美味しさ。羅臼産昆布やかつおぶしで時間をかけてとったお出汁が料理の味を引き立てます。
 「商売をしているというより、自分が体験してきたことを若い世代に伝えたい、という気持ちのほうが強いんです。さまざまな苦労を重ねて安全な野菜を作っている地元の生産者を紹介したりしながら、体に入れるものの大切さを少しでも知ってもらえたら、と思っています」と加藤さん。一食限りの健康食ではなく、日頃の食生活を見直すヒントに出会える…、オリザ舎はそんな価値ある1軒、といえそうです。(M.M)

茨城県つくば市松代3-8-13
TEL&FAX/029-851-9957
営業時間/11:30~14:30
     (完全予約制。夜も予約で受付)
定休/土曜日

ページの先頭に戻る▲

>Tags:茨城県,

[自然派レストラン] 記事数:47

< 次の記事 | 前の記事 >

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 8月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)