ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[ベーカリー] 記事数:53

< 次の記事 | 前の記事 >


image

◎ベーカリー

COPAIN(コパン)
[茨城県水戸市]

このエントリーをはてなブックマークに追加

懐かしさと新しさがともにある
お客さん想いのパン屋さん

 田園風景が広がる水戸市郊外に、レンガ調の外壁が目を引く一軒家。のどかな雰囲気に溶け込むように店を構える「COPAIN(コパン)」は、親子2代で営むアットホームなパン屋さんです。ハード系からおやつ系、惣菜パン、焼き菓子とバリエーションが多く、その日の気分や訪れる時間帯によっても選ぶ楽しさがあります。

 “美味しくて安全なパン”をモットーに、2003年8月にオープン。個人店で修業を積んだ息子さんがパンづくりを、ご両親が接客を主に担当されています。「いろんなお客さんの好みに応えたい」と、季節の素材を生かしたパンのレパートリーは140〜150種類ほどあると言います。パンの種類ごとに数種類の小麦粉を使い分け、店内には毎日、100種類ほどが並びます。 
 “看板パン”は、溶岩石を張った窯に直にパン生地をのせて焼く「溶岩パン」。プレーン、クルミ、チーズと3種の味があり、弾力のあるモチモチの食感が人気です。身体想いのパンも多く、風味の良い全粒粉パン、味わい様々な五穀ブレッド、毎日タネおこしから作る自家発酵の天然酵母パンは、ファンの多いラインです。ハード系好きにオススメなのが、フランスパンの生地を生かした「チョリソーフランス」「明太子フランス」「ジャーマンポテトフランス」「エピ」。目にも美味しい華やかなデニッシュ、おやつにぴったりなサクサクパイなども充実しています。「カリカリベーコンピザ」「野菜焼き」など、おつまみにも合いそうな惣菜パンは仕事帰りに買っていく人も多いそう。
 パンから目を上げて店内を見ると、アレルギーに配慮した卵不使用のパンリストが掲示されていました。入り口には休憩用のベンチとちょっと手に取れる本や雑誌も。お客さんに安心して、ゆっくりパンを選んでほしいとの気遣いがこんなところからも感じられます。

 目移りしながらようやく選んでレジに向かうと、丁寧な接客とあったかい笑顔で心もぽかぽか。美味しいパンを手に、うれしい気持ちでお店を後にします。そしてしばらくするとまた(今日はどんなパンにしようかな〜)なんて胸を弾ませながら、田んぼ道をドライブしている私がいるのです。(R.Shibata)

住所/茨城県水戸市河和田町4126-221
TEL&FAX/029-254-9661
営業時間/8:00〜18:00
定休日/月曜日

ページの先頭に戻る▲

>Tags:茨城県,

[ベーカリー] 記事数:53

< 次の記事 | 前の記事 >

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 10月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)