ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[和食] 記事数:30

< 次の記事 | 前の記事 >


image

◎和食

鬼怒川 竹やぶ
[茨城県守谷市]

このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼怒川沿いに静かに佇む蕎麦処。
野趣味と上品な味わいが見事に共存する蕎麦を堪能。

 鬼怒川の流れを見下ろしながら、本格的な手打ちそばが味わえる至福の時間。そんな贅沢なひとときが過ごせる蕎麦処として、そば通たちの間で評判のお店です。


 店内は全席が窓側に配され、どこに座っても自然豊かな景観が見えるように設計されています。何ともいえぬ静寂感が心をそっと癒してくれます。
 店主の染谷美成さんは、千葉県柏の名店「竹やぶ」で8年半の修業を積み、1996年に開業しました。本家と同じように水のある風景にこだわって、現在地を選んだといわれます。

 染谷さんが供する蕎麦は、つなぎを使わない十割が中心。「おいしさの決め手は、そば粉。いくら腕がよくてもソバが悪くてはどうしようもない」と、質の良いソバを選ぶ目は厳しい。茨城、長野、北海道、新潟、埼玉などの契約農家から玄ソバを入れ、その日に使う分だけ石臼で自家製粉しています。
「産地を使い分けることによって、時期ごとに一番おいしいそばが安定して味わえますし、それぞれの味の違いが楽しめるのも魅力だと思います」
 一日20食限定の田舎そばは、蕎麦本来の香りとほどよいコシがあり、蕎麦の端正な味が引き立っています。細打ちにすることで、のど越しの良さも実現しています。つゆは、本節でとったダシとかえしを合わせてから5日ほど寝かせたもの。「合わせてから時間を置くことで、しょう油の角がとれ、まろやかになるのです」と染谷さん。ひとつひとつにこだわり、蕎麦本来の味を極める店主の心意気。旨い蕎麦はこうして生まれるのです。(K.K.)

茨城県守谷市板戸井1917-1
Tel/0297−46−0088
営業時間/11:30−16:30L.O.
定休日/月曜日、第2火曜日

ページの先頭に戻る▲

>Tags:茨城県,

[和食] 記事数:30

< 次の記事 | 前の記事 >

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 9月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)