ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[カフェ・レストラン] 記事数:210

< 次の記事 | 前の記事 >


image

◎カフェ・レストラン

Le poelon
[茨城県水戸市]

このエントリーをはてなブックマークに追加

古い建物を改築した
隠れ家のようなビストロ

 「フランスの家庭料理を気軽に」とオーナーシェフの野澤昌史さん。素材の持ち味を生かし、趣向を凝らした料理は、五感を刺激すものばかり。前菜、メインなど、それぞれ好きなものが選べるプリフィクススタイル。繊細かつ力強い料理はコストパフォーマンスが高く、シェフの心意気を感じます。コース主体ですが、夜はワインとともに楽しめるアラカルトも充実しています。

 店は、畳屋だった中庭付きの古い建物を改築。古木の梁や柱、窓枠、小さな庭を残し、温もりのある空間に設計。「お客様に時間を気にせず、ゆっくりしていただける居心地の良さを大切にしています」。テーブルやイス、食器、クロス、備品にもこだわり、野澤さんが気に入ったものだけを置いています。店名の「Le poelon(ル・ポワロン)」は、お菓子づくりなどに使用する銅製の小さな鍋「ポワロン」から。「小さくて温かい、使い込むほどに味わいが深まる、そんな長く愛されるお店をイメージしました」。

 野澤さんは、東京赤坂のレストラン、水戸市のホテル、常陸太田市のフランス料理店、ハウスウエディング、ワインバーなどで経験を積み、2011年に独立。仕込みの時間を惜しまず、基本に忠実で、季節感のあるフレンチを提供します。例えば、仕込みから仕上げまで3日間かけて作る和牛ホホ肉のビール煮込みなど、手間ひまかけた自慢の料理が並びます。昼は1680円〜、夜は3500円〜。夜は一品料理も。
 「震災でオープンが少し延びましたが、準備期間を長く持つことが出来たので、その分イメージに近い状態で始められました」。ホール担当の奥様弘江さんとともに、料理、空間、サービスのバランスのいい三拍子そろったレストランを目指します。(K.K)

住所/茨城県水戸市泉町2-2-35
TEL/029-231-4787
営業時間/11:30〜15:00(L.O.14:00)、18:00〜22:00(L.O.21:00) (コースのL.O,は20:30)
定休日/日曜日 他不定休あり

ページの先頭に戻る▲

>Tags:茨城県,

[カフェ・レストラン] 記事数:210

< 次の記事 | 前の記事 >

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 10月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)