ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[アンティーク] 記事数:6

< 次の記事 |


image

◎アンティーク

骨董シオハタ
[茨城県水戸市]

このエントリーをはてなブックマークに追加

古くても好きなものを使い続けること。
時代を感じる骨董品を、生活の中でリサイクル

 通りに面した大きなショーウィンドウを覗くと、並んでいるのは何やら高そうな和風のお皿。さらに奥を覗くと、蓄音機の横には武士の甲冑が目に入ります。


 実はここ、水戸市見川にある骨董品店。古くは縄文時代に遡るものから戦前に至るまでの国内の骨董品を取り扱っています。いかにも“和”といったシブイものばかりなのに何故か入りやすく感じるのは、明るくオープンな雰囲気のお店だからかもしれません。
 「なるべく手頃なものを揃えて、今まで骨董を知らなかった人にも『古いものの良さ』を感じてもらいたいと思っています」と話すオーナーの塩畑智己さんは、まだ34歳という若さ。それでも、古い骨董品の持つ品物の良さや価値に魅かれて骨董の世界に入っていったそうです。「骨董品というのは、古いからといって使えなくなってしまったものではないんですよ。大事に使っていたけれど、それぞれ手放す諸事情があっただけで捨てる必要は全然ないもの。これを活かしていくことは、リサイクルと同じなんですよ」。


 老若男女を問わず、多くの人に興味を持ってもらえるように工夫しているのは品揃え。例えば、お皿でも一式セットになっているものは高価になってしまけど、バラであれば手頃に買うことができます。それぞれが柄も時代も違う一点もの。一つひとつをじっくりと見ていくことで、古いものの中でも自分の好きなものに出合えることもあるのです。
 食器から家具やランプ、昔のポラロイドといった生活に使える実用品から、掛け軸、印籠、壷などのコレクターアイテムなど、扱う商品の種類も様々あります。
レジの近くには4歳になるトイプードルの「マル」店長がいるので、気になるものがあったら、ぜひ尋ねてみてください。(tou2)

茨城県水戸市見川2丁目29-13
TEL/029-291-5831
営業時間/10:30〜19:30
定休日/木曜日
駐車場/5台

ページの先頭に戻る▲

>Tags:茨城県,

[アンティーク] 記事数:6

< 次の記事 |

新着情報

» ゆたり倶楽部
» カテゴリ
» 3月の記事ランキング



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)