ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[まいにちが、記念日] 記事数:575

< 次の記事 | 前の記事 >

あなたには帰る家がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

劇的ビフォーアフター見ながら更新しています。
実はこの番組、「ガシャンガシャン!」と壁を壊す場面が怖くて、最近はあまり見ていなかったのです、
今日はたまたまテレビをつけたらリフォーム後をやっていました。

脳梗塞で片麻痺が残ってしまった奥さんのためのリフォーム。
階段の勾配が急で、退院してもとてもではないけど自分の家に帰れない。

そこで勾配をゆるくし、車いすでも出入りができるように改修。
出入り口は引き戸。トイレは寝室からも出入りができるように2か所開くように。
室内での移動がラクなようにワンフロアにして、外に出られるようにテラスにはデッキを。
 
介護する人への配慮も随所に。
ダンナさまが料理をつくるための台所の動線の工夫。
クローゼットやテレビ台の収納の工夫など、使う人のことがよく考えられていて、じーんとしてしまいました。

多少脚色はあるのかも知れないけれど、
退院後、はじめて帰る我が家に、車いすから降りて歩いて家に入りたいという奥さん。
「自分で」と思う気持ちが何よりのリハビリになるのだと思います。

「帰る家がないと思っていた」
「娘の家に世話になるか、家を売ってマンションを買おうか悩んでいた」

とものすごーくリアルな心情を話す奥さん。
これはひとごとではないな、と思ってしまいました。
 

「ただいま」と帰る家がある。

それは本当にありがたいことだったんだ。
 

老後の住処。いろんな選択があると思います。
私は…。
私の希望は高齢になって、気兼ねなくいつまでも自分でできることは自分でやって、自分らしく生きたい。
 
まだまだ先の話だけどね。
 

高齢者のための制度や福祉も、「世話になるため」のものではなく、
自立するため、支援のための制度。遠慮することなく使いたいです。
住宅改修も上限20万円ですが、介護保険を使うことができますし(償還払いだから、一旦は自分で払わなきゃらないのがつらいけど)、
使えるものは何でも使って、自分の家で暮らしたいと私は思っています。

Trackback(0) Comments(2) by つき|2010-01-24 20:08

[まいにちが、記念日] 記事数:575

< 次の記事 | 前の記事 >

image
Bloger
つき
Tsuki

» プロフィールを見る

» 最近の記事
» カテゴリ
» 以前の記事
» 最近のコメント

ゆたりブログ



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)