ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[鯨エマの海千山千] 記事数:1713

< 次の記事 | 前の記事 >

11か月

このエントリーをはてなブックマークに追加

出産して11か月。
早いもんですね。
昨年の今頃はいなかったのだと思うと、なんとも不思議ですし
ガラッと変わってしまった家の中、行動範囲、人間関係、
どれをとっても、小さな一人をめぐる大変革です。

目下、夜中の断乳挑戦まっただなかで、
ないてもミルクや母乳はやらず、
麦茶のみ、、、、、を実行中です。
3日で慣れるといわれていますが、ゆうべが2日目。
さあ、あさってには、夜中に泣くことも少なくなってくれるのでしょうか。

育児は大変なんだ。
これを実感できたことが、産んでよかったことのひとつです。

先日、某企業の労働組合をたった一人で立ち上げて
裁判闘争で勝利した女性に、その体験談をうかがいました。
裁判のあれこれは、慣れていない彼女には本当に
いわれるがままにがんばって、周りが助けてくれてやっとこぎつけた・・・
というのは、本当なんだと思いますが
裁判官が判決を読んだ時に
「二人の子供を抱えて働きに出ることの大変さを、会社側はまったく考慮しなかった」
というのをきいて、
「あのときは涙がでてきました」
と。

私もこのエピソードにはもらい泣きでしたが、
こういう気持ちは、産まなかったらわからなかっただろうと思うのです。

私はいまも、育児が苦手です。
眼の前に赤ん坊がいるから、ひっしにしますけれども、
かんじゅく座の座員からは「5,6人目みたいな扱いね」とか
「ほら、私が寝かせてあげるから、エマさんじゃだめよ」などと言われています。
でも抱っこして泣き止むと、こんどは「抱き癖が付いた」。
夜中に泣き続ければ
「おっぱいをあげないからだ」と言われ、
断乳中だといえば
「お前の声が聞こえるから泣くんだ」と言われる始末。
あたしゃあ、どこにいればいいんだか、途方に暮れてしまいます。。。。

そんな時に、的確に、いいアドバイスをくれて
疲れた私を助けてくれるのが
保育園の保育士さんたちです。
「こういうときは、どうしたらいいでしょう」という
私の他愛ない質問に丁寧に、いろんなケースを引き合いに出しながら説明してくれて
助け舟をくれます。
あさ、預けるときも
「大丈夫、ちゃんとみてますから!」というメッセージが聞こえるような
頼もしさです。
まさに、今の私には神様ですね。

もうすぐ1年。
日々、いろんな出来事が私を襲いますが、
力になってくれる人への感謝をわすれずに、
しっかりやろうと思います。
明日から劇場入りです。
こうやって舞台に立てるのも
自分の力ではないんだというのを実感する、稽古最終日なのでした・・・・

Trackback(0) Comments(0) by 鯨エマ|2017-07-30 11:11

[鯨エマの海千山千] 記事数:1713

< 次の記事 | 前の記事 >

image
Bloger
鯨エマ
Ema Kujira

» プロフィールを見る

» 最近の記事
» カテゴリ
» 以前の記事
» 最近のコメント

ゆたりブログ



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)