ご利用規約プライバシーポリシー運営会社お問い合わせサイトマップRSS

[鯨エマの海千山千] 記事数:1742

< 次の記事 | 前の記事 >

お生まれは・・・?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は山手線円周ど真ん中より、少々東、
某新聞社の取材を受けに行く。
1時間15分、喋り捲ったあとで、
「では、写真を1枚・・・」ということになる。

(最近、この流れがやっとつかめてきたので、
取材のときは多少、顔になにかを塗っていくようにしている)

Y記者とマンツーマン、
被写体でいることになれてはいるが、
カメラに向かってあまりにも真正面でニコッというのは、
ものものしいので、
Y記者も話しかけて、緊張をほぐしてくださる。

「ところで、鯨さんは、どこのご出身なんですか?」

不幸にも、この返答に突っ返そうな質問が来てしまった。

うまれは?
国は?
出生地は?
育ちは?
本籍は?
これらのうち、どれだろう。

「育ちってことですか?神奈川県の大磯です。」
「というと、生まれは?」

墓穴を掘ってしもうた・・・

「ニューヨークです。」
「え?」

ほらね、シャッターを押す手が止まってしまったではないの。
ここから、私のいいわけトーク。
「あ、でも1歳で帰ってきましたので
英語は喋れません。
当時の記憶もありません。」
「じゃあ、国籍は?」

はいはい、お決まりの流れできました。

「両国籍?!いいんですか!!?」
「罰則がないから持っていろと、大使館の人に言われました。」
「へえ・・・!ダルビッシュは、イランと日本と選ばなければならなくて・・・」

この会話の間、Y記者のカメラを持つては止まっていたよ。

さて、この使えないニューヨークネタ(?)を
なぜ、プロフィールに掲げているかといえば、
「差別化を図ろう!」
とした、昔々のマネージャーの差し金だ。
はたして、いまだかつて効果はない。

あ、1っ回あった!
英語が堪能なのだと勘違いされて
あのハリウッド映画「SAYURI」(渡辺謙氏のアレです!)
のオーディションによばれたこと。
事前に渡された英語のセリフを
懸命に暗記していったのに、堂々と1行抜かして喋っていて
なんともかんとも、情けない結果に終わった・・・

これからは、どう聞かれても
神奈川県と答えよう・・・・と、毎回反省するのだが
あのマネージャーの「差別化」が、のろいのように私を洗脳し
ついつい、「ニューヨーク」なんて、柄にもないことを言ってしまうのだ。
ほんっと、あほです。

~本日のありがとう~
Tさんから、おリンゴ送っていただきました!!
大好物です。
ありがとうございましたぁ!
いっただっきま~~す!


ドキュメンタリー映画「つぶより花舞台」予告編

Trackback(0) Comments(0) by 鯨エマ|2009-01-26 23:11

[鯨エマの海千山千] 記事数:1742

< 次の記事 | 前の記事 >

image
Bloger
鯨エマ
Ema Kujira

» プロフィールを見る

» 最近の記事
» カテゴリ
» 以前の記事
» 最近のコメント

ゆたりブログ



「ゆたり」は時の広告社の登録商標です。
(登録第5290824号)